一休み一休み

新型コロナウイルスに空気清浄機の有効性はある?空気感染するの?

 

2020年9月21日、CNNは「新型コロナウイルスは空気感染する 米CDCが確認」と報じました。

 

気になる見出しだったので詳しく内容を確認してみました。

 

新型コロナウイルスは空気感染するの?

米疾病対策センター(CDC)が公式サイトに掲載しているガイダンスを改訂し、コロナウイルスは一般的に、呼吸などによって空気中に漂う飛沫(ひまつ)や微粒子を通じて拡散し得ると指摘した。「新型コロナウイルスを含む空気感染性ウイルスは特に感染力が強く、簡単に拡散する」としている。

引用元「https://www.cnn.co.jp/usa/35159860.html?ref=rss」

 

CNNの報道によりますと、米疾病対策センター(CDC)が公式サイトに掲載していたガイダンスが改定したということです。

 

これまで同サイトでは、

「新型コロナウイルスは主に至近距離(6フィート=約1.8メートル)での人と人との接触や、感染者のせき、くしゃみ、発話によって飛び散る飛沫を通じて感染する」

と説明をしていました。

 

私たちがよく耳にしていたことですね。

 

しかし、9月18日に米疾病対策センター(CDC)は内容を改定。

 

新型コロナウイルスは密接な接触のあった人同士で感染するのが最も一般的だとする記述に加えて、「感染者がせき、くしゃみ、発話、呼吸をした際に発生する空気中の飛沫や微粒子を通じて」拡散することも分かっている

 

上記の内容を付け加えたそうです。

 

さらに、感染者が発した微粒子は鼻や口、気道、肺を通じて吸い込むと感染を引き起こし得ると述べています。

 

しかも

「飛沫や大気中の粒子は空気中に滞留して他人に吸い込まれる可能性があり、6フィート以上の距離にも届くこと・・・を裏付ける証拠は増えている」

とのことです。

 

また、

 

「一般的に、換気が不十分な屋内環境はこのリスクを増大させる」

 

と見解を示しているんですね。

 

つまり、合唱練習や飲食店、フィットネスクラブなどは超危険な場所に当たるのではないでしょうか?

 

 

 

ちなみに感染を防ぐ対策としては、他人との距離をこれまで以上に保つこと以外は同じ内容が報じられていました。

 

  • 可能な限り、他人から少なくとも6フィート以上離れる。
  • 引き続きマスクの着用や手洗い。
  • 消毒の徹底。

 

加えて、「症状がある場合は外出せずに隔離措置を講じなければならない」と念押し、屋内ではウイルスなど浮遊菌を減らすためにも「空気清浄機を使う」ことを勧告していました。

 

 

こうなると空気清浄機の売り切れが心配になってくるのですが、本当に空気清浄機に浮遊物を減らす有効性はあるのでしょうか?

 

新型コロナウイルスに空気清浄機の有効性はある?

 

まず空気中の浮遊物といえば、「花粉」「ハウスダスト」「PM2.5」「細菌」「ウィルス」「揮発性化学物質」など耳にしたことがあると思います。

 

花粉症といえば「スギやヒノキの花粉」が原因です。

 

またダニの死骸や脱皮カスにフン、ほこりなどは「ハウスダスト」と呼ばれ、これまたアレルギーの原因になります。

 

「PM2.5」は呼吸器系に支障をきたすだけでなく病気を発症させるリスクもあり、細菌やウイルスは「インフルエンザ」や「肺炎」を引き起こすこともあります。

 

ちなみに「揮発性化学物質」は「ホルムアルデヒド」でハウスシック症候群になる可能性が高いですね。

 

これらがキャッチできる空気清浄機があるのなら有効性はあるとされています。

 

現在、空気清浄機に関して調べています、情報がまとまり次第追記させていただきます。

 

まとめ

 

新型コロナウイルスが空気感染をするというCNNの報道を受けて、空気清浄機の有効性はあるかお伝えしてみました。

 

できるだけ人との距離は取っておいたほうがよさそうですね。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 茶屋 , 2020 All Rights Reserved.