体質改善に効果抜群!

ふくらはぎが肉離れに!いざという時の応急処置法

2018/12/07
 

 

 

 

 

こんばんは!まみです。

 

一度だけですが、エアロビクス中にふくらはぎ肉離れになったんです。

プチって音がして、「えっ?」って思って・・動こうとすると痛くて?

初めての体験だったので、訳が分からず・・・・・

 

インストラクターさんに「それ肉離れじゃない?」って言われて、とてもびっくりしたんです。

そしてジムのスタッフさんが、早々にふくらはぎをアイシングしてくれました。

適切な応急処置は大事ですね。

 

その後、一応病院に行って検査してもらったんですけど、軽い肉離れだったみたいなので、何日かすると、痛みも治まりました。

ほんと、軽い症状で助かりました。

 

肉離れの原因

肉離れを起こしやすいのは、筋肉が固くなっている状態で、運動不足筋肉疲労が激しいと、筋肉の伸縮が正常通りに働かないことが原因なんだそうです。

 

特に瞬発力などを伴うスポーツなどは、激しい力を加えた時に、筋肉がバネの役目を果たせず、その急激な負荷によって、筋肉の線維がダメージをうけ、筋肉が部分的に断裂したり、大きく断裂(手術が必要な場合もあるらしい)したりして、肉離れの症状がおこるみたいです。

 

特に運動不足気味(あまり普段運動をしていない方)な方は、準備運動を行わず、急激に動いたりしたときとかに起こりやすいそうです。

また、常にハードなトレーニングを行っている人は、筋肉の疲労がたまりすぎた時に起こりやすいみたいです。

なぜかって、急いで鍛えたいからでしょう。常にいい状態でいたい気持ちが反って、

  • 準備運動の不足
  • 筋肉の疲労

のどちらかを生み出している可能性が大きいので、特に注意してみてね!

準備運動の不足

 

普段運動をしている人も、そうでない人も激しい運動をするときは、準備運動をしっかり行って筋肉を温めたり、伸縮性を良くするために十分に筋肉をほぐしておきましょう。

運動前にストレッチなどをしておくことが大事ってことです。

筋肉の伸縮性を良くしておくことで、防止しようとすることです。

 

ただ、運動量に応じた筋肉不足(普段、激しい動きをしていない人)や、常に運動をしていない状態が長い(普段、歩くだけの人)筋力低下の時などは、特に最新の注意をするようにしましょう。

 

私が肉離れを起こした時も確かに準備運動足りてなかったなぁ・・・

 

筋肉の疲労

 

睡眠不足や、疲労がたまっていることも、肉離れの原因の1つだそうです。

 

ハードなトレーニング(毎日のようにスタジオプログラムに参加!)など、筋肉に緊張がたまっている時は、なおさらです。

発症する可能性が高くなってます。なので長期間スポーツを楽しむために、少しの間だけでもリラックスして筋肉を休ませることをしてみてください。

筋肉も休む時間が大切ってことですね。

 

肉離れとは、違うもの

 

肉離れとよく勘違いするものにこむら返り(足がつる)があるそうですが、一般人には区別はつかないかもしれませんね。

また、中には外的損傷に筋挫傷(きんざしょう)もあります。

 

筋挫傷(きんざしょう)

 

格闘技やラグビー・サッカーなど相手との接触が多いスポーツで発症する可能性が高いそうです。

もし傷を受けた場合などは速やかに安静にして、患部を冷却し(冷やしすぎをしないこと)、また、患部を挙上して血液の流れを良くして、腫れなどの抑制し早急に医療機関の診断を仰ぐようにしてください。

 

こむら返り(足がつる)

 

なにもしていない状態で足に力が入ったまま、しばらく同じ体制でいたみを感じた時、筋肉が痙攣をしているような場合は、足がつっている可能性大です。

が、いつまでも痛みが取れない場合は検査をお勧めします。

 

私は、足がつるのって、水の中だけかと思っていました。

 

 

 

 

 

最近は足がつることがほとんどないのですが、子供の頃に、プールとかお風呂とかでしか、足がつったことがなかったから。

旦那ちゃんが寝てる時とか、スタジオプログラム中とかに足がつったりするので、とってもビックリしました。

 

塩分と水分を取るようにすると、足がつりにくくなるってインストラクターさんに教えてもらいました。

 

応急処置

 

肉離れになってしまったら、なるべく早めに処置して長引かないようにしたいですね。

応急処置の方法は3つ。

処置してくれたスタッフさんにやってもらいました。

  • 動かさない(安静にする)
  • 患部を冷やす
  • 横になり患部を心臓の位置より高くする

 

動かさない(安静にする)

 

損傷箇所の出血や損傷拡大を防ぐために、動かさないようにしましょう。

また痛みのある部分を揉まないようにしましょう。

悪化する場合があるそうです。

 

患部を冷やす

 

患部を冷やすことで、炎症や内出血、むくみを抑制して回復期間が早くなるそうです。ただしアイシングする際は氷が溶けかるか、水と氷をまぜてから使用した方がいいです。なぜなら、凍傷になる可能性があるからだそうです。

 

また、冷やし方も継続して冷やし続けるのではなく冷たい感覚がなくなってきたら時間を空けてから行い、体の治癒力も活用しましょう。細胞への血液循環も怪我を回復させるために必要なんだそうです。

 

横になり患部を心臓の位置より高くする

 

患部を少し高い位置で固定すると、怪我をすると血管が圧迫されるため少しでも血液の流れを良くするためだそうです。

私の場合は、ジャンプした時にプチって音がして、あれっなんかおかしいって思って直ぐにやめて、邪魔にならないところに移動させてもらいました。(旦那ちゃんに)

 

そしたら、インストラクターさんが、スタジオの外に連れ出してくれて、スタッフさんに声をかけてくれました。

参加してた皆さんごめんなさい。中断してしまって・・・

 

患部をアイシングしてもらい、担架で運ばれそうになり・・・

担架は恥ずかしいよねって結局おんぶしてもらいましたが、いやどっちもどっちかも・・・って心のつぶやきがありました。

 

しばらく冷やしてもらって随分良くなって。

動くと痛いけど、じっとしていると少し痛むだけ、これなら全然大丈夫って思ってたけど。みんなが心配してくれるものだから、お風呂にも入らずに病院へ。

・・・・汗かいてるんですけどシャワー浴びたいよ~。

 

結局病院では、湿布をもらっただけなんですよね。患部を冷やすだけなのね・・

軽い肉離れだったようで、そんなにひどくなかったみたい。

ひどくなくて良かったんですけどね。

 

歩けないって思っていたけど、歩き方にコツがあって、すり足のように歩けば痛くなく歩けて。

なので、おんぶしてもらうこともなかったみたい・・・

結局1週間ほどで治りました。

 

もちろん、運動はしばらくお休みでしたよ。

スポーツジムは行ってましたけどね、お風呂に。

 

まとめ

 

準備運動は大切ですね。

スタジオプログラムが始まる少し前じゃなくて、時間に余裕をもって十分なストレッチをってことですね!

 

肉離れや、他の怪我をしたときは、無理せず、十分休養を取って、長くスタジオプログラムを楽しみたいですね!

 

 

 

 

 

 

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© なかよし夫婦のスポーツジムライフ! , 2018 All Rights Reserved.