体質改善に効果抜群!

プロテインはダイエットにおすすめ!太るのは摂り方の問題?

2018/12/07
 

 

 

 

 

こんばんは!まみです。

 

今日はプロテインについてのお話です。

プロテインって何もしないで(ほとんど動かない)使用すると、太るってイメージを持っている人も多いんじゃないかな。

 

私も、詳しく知らなかったんです。旦那ちゃんが、運動もあまりしないでプロテイン飲んでる人がとても太っていて、「太るものだなあれは」って言ってたものだから、太るものと思っていたんです。

 

でも実は、太るのはプロテインではなく、その人(太っている人)の食生活だったんですね。

旦那ちゃんの話によると、見かけた太っている人は、ほとんど毎日のように見切りのお惣菜を購入していたみたいです。しかも3人分くらいの量カナ?

 

揚げ物とか油ものとか等など太る要素がいっぱいなもの・・・・でも、それにもまして運動しないと太るのは確かかも。

プロテイン

 

スポーツジムで時々、色々なものを売ってるんです。もちろんスポーツに関するアイテムです!

 

フィットネスシューズ(私は専用があるのを知らなかった!)だったり、健康食品(サプリメント)だったり。

 

関連記事

 

その中に、プロテイン(タンパク質)があったんです。

 

で、そんなプロテインを勧められて、一言目に「え~。プロテインって太るんでしょう?」って言ってみたところ、トレーナーさんが教えてくれました!

 

「プロテインが太る原因なのではなく摂取カロリーよりも、消費カロリーが多くならないと、痩せないんですよ」ってこと。

あっ!なるほど、そりゃあそうですよね!

 

プロテインは、たんぱく質を効率よく摂取するために活用するもので、食生活で同じタンパク質を摂取するためには、ものすごく食べなくてはならないみたいです。

 

たとえば、ゆで卵なら1個あたり約6.5gのタンパク質の含有量なので約10個も!

カロリーにして、約900kcal

仮に食べれたとしても、タンパク質以外のものも摂取していることになる!

太るよね。それ、余分な分も摂取しているから。

なので、そんな太りやすい糖質等の余分な成分を取り除いているものがプロテインになります。

先ほどのゆで卵と同等のタンパク質を摂取するためにプロテインを活用すれば、約1/3のカロリーで摂取することが可能になるんです。

 

プロテインを摂取するときは、他の栄養素も考えながら食事とか栄養素サプリとかで摂取することがおすすめだそうです。

 

また、上手に使って、運動することで、理想の体に近づく!って言ってましたね。

それと、タンパク質がたりないと肌ツヤとか髪質も低下するみたいです。つまり老化してしまうみたいです。

 

 

プロテインの種類

 

プロテインにはいくつか種類があって、効果が違うんだそうです。

プロテインは、飲みづらいもの美味しくないものって思っている人も多いともいますが、実際に味や匂いは、独特ですね。でも、中にはココア味とかストロベリーとか、飲みやすい風味で販売されているものも沢山あるのです。

 

ホエイプロテイン

水溶性で、動物性タンパク質です。原料としては牛乳からの乳清からなるものです。

クセが強くなく飲みやすく、吸収時間も短めです。主に筋肉増に活用するのがお勧めです。

水溶性なので、牛乳とか他の飲み物で混ぜて飲む場合は、栄養素に注意が、必要ですので気を付けてくださいね!

また、製造方法によりWPC(コンセントレート)タイプとWPI(アイソレート)タイプなどがあり、WPCには乳糖が含有していて、乳糖が体に合わない方は、牛乳を飲んだ時にお腹が弱くなる症状がでる恐れがありますので、注意してくださいね。

パッケージに記載されている内容成分などを、確認して購入することをお勧めします。

 

カゼインプロテイン

不溶性で、動物性タンパク質です。原料としては牛乳からの約80%しめる生乳などからなるものです。

 

 

 

 

 

カゼインは、ホエイと違って不溶性であり吸収時間も3~4倍も変わってきます。なので、トレーニングを休んだりした時や、タンパク質の必要に応じて摂取することをお勧めします。

ただ、カゼインは牛乳を飲んだ時にアレルギーを起こす方には不向きかも知れません。

なので、パッケージに記載されてい内容成分などを確認して購入することをお勧めします。

 

ソイプロテイン

不溶性で、植物性タンパク質です。原料は、大豆からのタンパク質でできています。

脂肪分も少なくダイエットに向いたプロテインではないでしょうか。

ソイはカゼインと同じように消化吸収に時間を要します。ということは、それだけ腹もちがいい、ということになりますよね。また、大豆イソフラボンにより体の組織によりよい効果が期待できる点は非常にありがたいと思います。

 

飲用法

 

3食食べていることを仮定してですが、実際1日に必要な栄養素を考えて摂取している方は、ご存知かと思います。なので知らない方へ、簡単に説明します。

 

体には、必要な栄養素があるんです。そう、体を構成している細胞を生き生きとさせるためにです。

そのためには、3大栄養素(タンパク質・脂質・炭水化物)とビタミンやミネラルなどを摂取する必要があるんです。

 

1日に必要な摂取栄養素とかは、その生活習慣により変わってきますが、運動をしていない人、軽く運動をしている人、アスリート並みに運動をしている人によって摂取量は変わります。

なので、今自分がどの状態かを再確認してください。1日に摂取している栄養素量を知ることで、どのようにすれば健康的でかつ理想の姿になれるかということを。

 

摂取量が消費量より多い人、つまり運動をしていない人もしくは、消費量が摂取量を下回っている人です。この状態でプロテインを活用すると益々、ふくよかになってしまいます。

再度、摂取量を確認し、消費量を増やす計画と実行をお勧めします。

摂取量が消費量より少ない人、つまり適度な運動をしているか、それ以上に運動をしているか人です。ただ、この状態でもプロテインの活用法を誤れば意味をなしませんので、必ず、再度、摂取量を確認しながら日々の運動を行うようにしてみてください。

 

作り方

①決められた容量をシェーカーへ入れる。

牛乳やコーヒーで作るときには、成分に気を付けて、食事のコントロールもお忘れなく!

②シェーカーを振ります。バーテンダーのようにしなくても・・・

③シェーカーのままでも、コップに移してもOK

まとめ

 

プロテインを飲めば太るではなく、1日の食生活が基本になるということを、理解していただけましたでしょうか。

 

食べすぎ飲みすぎ寝すぎなど体重増加や悪化の原因は、山のようにすぐそばにあります。

ただ、その山を意識して登らず、登り道を上がらなくても楽に進める道、つまり、食べすぎず飲みすぎず体重減、といった健康な体を手に入れることのできる道は、すぐ隣にあるということを知っていただきたく思いました。

今は見えない道かもしれませんが、一歩歩み始めたら、視界が広がってくるかもしれません!ぜひ自分のために世界を変えるために、チャレンジしてみてください!

 

 

 

 

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© なかよし夫婦のスポーツジムライフ! , 2018 All Rights Reserved.