一休み一休み

浦島知希が生まれた日の両親の願いを考察!子供の名前に込めた思いは何?

 

浦島知希容疑者が嘘の通報を繰り返し、偽計業務妨害で逮捕されましたね。

 

浦島知希容疑者は、イタズラ110番通報を繰り返す「110番マニア」だったといわれています。

 

警察の取り調べで浦島知希容疑者は「家でイライラすることがあり嘘の通報をしてしまった」と容疑を認めたそうです。

 

そんな家でイライラすることがあって犯罪を犯してしまった浦島知希容疑者。

 

浦島知希容疑者が生まれた日、彼の両親は何を願い子供の名前に思いを込めたのでしょう。

 

考察してみました。

 

浦島知希が生まれた年

 

浦島知希容疑者が生まれた年は、今から26年程前の1993年ごろ。

 

丁度日本ではバブルが崩壊したときですね。

 

また、Jリーグが開幕するなどスポーツ史にも影響を与えた時期になります。

 

冷夏でコメ不足にもなり、輸入米などが販売されていましたね。

 

海外では、オードリー・ヘプバーンが、お亡くなりになったとしでもあります。

 

そんな時代の節目に浦島知希容疑者はこの世に生を受けたわけです。

 

浦島知希が生まれた日の両親の願いを考察!

 

浦島知希容疑者自身と言っても誰しもですが、生まれた日の両親の願いは生んだ母親や、生まれてきたわが子を見た父親にしか分かりませんよね。

 

浦島知希容疑者が生まれて来た日、彼の両親はきっと彼に願いを込めたことでしょう。

 

なぜ?そういえるのか、それは彼の名前である「和希」を見れば簡単なことです。

 

和希の「和」は、平和の「和」。

 

音読みでは「わか」、訓読みでは「やわらぐ」「なごむ」「なごやか」と読みます。

 

つまり、平和を望む優しい子に育ってほしいと言う思いが込められています。

 

また「希」は、希望の希です。

 

「希」は止め字(添え字)としてよく使われるのですが、何よりも希望に満ちて前向きに進める人、夢を実現できる力を持つ人になるよう願ってつけられます。

 

和希と名前を付けられた浦島知希容疑者のご両親は、彼に平和をもたらすことができる人になってほしいと名付けたと思います。

 

平和の「和」、そして希望の「希」、本当に素晴らしい名前ですよね。

 

浦島知希容疑者が生まれた時、御両親は自分たちの子供が幸せになれるように、心から願いを込めて名前を付けられたと思います。

 

子供の名前に思い込めた思いは何?

 

浦島知希容疑者のご両親に限らず、親は誰しも子供の名前に思いを込めますね。

 

その思いとは、「幸せ」です。

 

誰よりも「幸せに」できる、誰にでも「幸せを」与えれる、誰からも「幸せを」受け取ることが出来るように名前を考えつけてくれています。

 

浦島知希容疑者のご両親も、たくさん幸せになってほしいと願い、名前を付けたと考えます。

 

今一度、浦島知希容疑者には自分の名前の意味を深く追求して、頂きたく思いました。

 

まとめ

 

「110番マニア」と言われている浦島知希容疑者。

 

浦島知希容疑者はご両親から、もらえる愛が少なかったのかもしれませんし、今まで出会った人からも愛を分けてもらえなかった可能性も考えられます。

 

おそらく浦島知希容疑者は、今まで誰からも褒められたことが無かったのかもしれません。

 

もしも今までにどこかで何か一つでも褒めてもらえていれば、人生が違っていた可能性も考えられますね。

 

どこまでが助言で、どこからが命令なのかは受取側の課題ですが、それを見極めるのも教える側の責務かもしれません。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 茶屋 , 2020 All Rights Reserved.